「 アート 」の記事

【妖艶すぎる人体模型】はなぜ作られた?18世紀ヨーロッパ、スペーコラ美術館

【妖艶すぎる人体模型】はなぜ作られた?18世紀ヨーロッパ、スペーコラ美術館

豊かな金髪に恍惚とした表情の人形たち。しかし体は切り開かれて内臓まで露出してしまっている。この妖しげな蝋人形は、18世紀末フィレンツェで、解剖学の教材として作られたものだ。人体模型が異様なほど耽美的になったのには、単なる趣向ではない理由があるという。